--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

GyoNetBlog ランキングバナー

スポンサー広告

2009/12/03 Thu 01:16


11/25、期間限定でキリンから「復刻ラガー明治」と「復刻ラガー大正」が発売されています。

「キリンラガービール」のブランドは発売されて120年も経っているんですね。
当時のラガービールとはどんな味なのかすごく気になったので、買って飲んでみました。

ラベルも当時のものを再現したと思われるレトロなデザインが印象的です。
どうせなら、缶ではなく瓶ビールで再現してほしかったなぁ

一番気になったのが、明治のキリンビールの「麒麟」マーク。
img_20091129_021.jpg
なんだこれ?
栄養失調の野良犬のように見えるのは自分だけでしょうか?

大正になると、現代の麒麟マークと似たデザインとなってますね。
img_20091129_022.jpg
大正時代はラガーとは記載しないで、ピルスナースタイルと記載しているんですね。

現代のラガービールのラベルとは全く異なっていて、ラベルのデザインを見ているだけでも、十分に楽しい。

では明治から飲んでみます。
img_20091129_020.jpg
原材料は麦芽とホップ。
当時はドイツ人の醸造技師がドイツ産のホップと麦芽を使用して醸造してたみたいです。

「苦味が効いた重厚で調和のとれた味わい」と記載されてます。

実際に飲んでみると、確かかしっかりとした苦味と味わいだけど、「濃厚」っていう感じはしませんでした。
でも、十分旨いですよ。
現代でも全然、通用する味だと思います。

ガブガブ飲むビールっていうよりは、じっくり味わって飲みたい感じのビールです。

続いて、大正。
img_20091129_024.jpg
原材料は麦芽、ホップ、米となってます。
現代のビールのように、副原料の米が加わりました。

こちらは、「苦味にコクと芳醇さが加わった味わい」だそうです。

飲んでみると・・・うん、これも旨い!
明治に比べて、ホップの苦味が強いですね。
子供の頃、大人にちょびっと分けてもらって飲んだビールの苦味を思い出させるのような懐かしい味です。
明治よりさらに軽い感じがします。

両方とも思った以上に美味しかったけど、どちらかというと明治の方が好きかな。

十分に冷やしたやした明治と大正のビールを全部飲んでから気づいた。

そういえば、明治や大正時代って、冷蔵庫は数少なかったはず。
という事は、当時の人たちは常温でビールを飲んでいたのかな?

だとすると、当時の本当の味を確かめるには常温で飲まないと分からない。

こりゃ、もう一回買ってこないとだめだ。

このビール、出荷量はわかりませんが、期間限定なので気になる人はお早めにどうぞ。
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

GyoNetBlog ランキングバナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。